安全性に優れた美容整形で完全無欠の体型|皮下組織にまで到達

LEDや美容点滴で改善

女の人

LEDライトを使い分ける

岡山の美容整形クリニックでは患者のクマのタイプに合わせて最も効果的な治療法を選択し提供しています。たとえば血行が良くないことが原因となってできるクマに対しては、岡山の美容整形クリニックで導入されているオムニラックスが適しています。オムニラックスはLEDライトを利用した治療器で、その光の色には青・赤・白の三色があります。このうち血行不良によってできたクマに効果があるのは赤色と白色のLEDライトです。オムニラックスの三色の光はそれぞれに異なる波長を持っています。血行不良が原因で生じるクマは俗に青クマと呼ばれていますが、青クマに効くLEDのうち赤色の光は630nmの波長の光を、白色の光は830nmの波長の光を照射することができます。赤色のLEDは細胞の働きを活性化させ、新陳代謝を活発にする効果を持っています。そして白色のLEDは傷ついた肌細胞の修復をうながし、クマだけでなくたるみやしわなども効果的に治療します。岡山の美容整形クリニックでは白色LEDや赤色LEDが持つこのような特性を生かして血行を改善し、青クマを治療するのです。またオムニラックスは1台で三色の光を照射できるため、クマだけでなくニキビにも悩んでいる場合などは青色LEDの照射も受ければニキビも一緒に治療することができて便利です。

高濃度ビタミンcを点滴で

血行不良によってできるのは青クマですが、一方でメラニン色素の沈着が原因となってできるものは茶クマと呼ばれています。目の下は皮膚が薄いため、紫外線による悪影響もひときわ強く受けやすい部位です。ところが岡山でも真夏はかなりの暑さとなるため、日焼け止め剤やUV化粧品を目のきわまで塗ると汗によってそれらの化粧品成分が目に流れ込んでくることがあります。そのようなことを嫌って目の周囲に化粧品を厚めに塗るのを好まない女性も多いですが、そうすると紫外線による刺激をいっそう受けやすくなってしまうのです。さらに、皮膚の薄い目の周囲に毎日ファンデーションやアイライナー、マスカラ、クレンジング剤などを使用していると、それらを塗ったりこすり落としたりすること自体が皮膚にとっての刺激となります。このように目の周囲は紫外線や手指などによる刺激のためにダメージが重なりやすく、結果として茶クマができてしまうのです。茶クマの色素沈着を改善するには岡山の美容整形クリニックでシミに効く薬であるハイドロキノンの処方を受けたり、高濃度ビタミンcを点滴してもらったりするのがおすすめです。美容整形クリニックの高濃度ビタミンc点滴は、一般のビタミンcサプリメントなどよりはるかに美白効果に優れているといわれています。